愛人出会い

援助交際による法律違反

Top / 援交による法律違反


援助交際による法律違反

援助交際は基本的なルールさえ守れば法によって罰せれることはありません。しかし、厳しく罰せられる援助交際もあります。

世間で厳しく非難されている援助交際とは、主に法律違反による援助交際です。

処罰を受けない援助交際

18才以上の男女同士の援助交際であれば法による処罰を受けることはありません。たとえ情愛が絡まない割り切った交際でも、セックスパートナーは自由に選ぶ権利を持っています。

金銭で対価を支払う援助交際は、厳密に言えば売春防止法に抵触する行為ではありますが、大人の男女の交際に警察が介入して、あれこれ事情を聞きだして援助交際を立証するほど警察はヒマではありません。

男女双方が、気に入った相手と交際しているだけと主張されたら絶対に援助交際を立証することはできないからです。愛人関係に関しても同様です。

処罰を受ける援助交際

厳しく処罰されている代表的な援助交際は、18才未満の児童と援助交際をすることです。この場合は厳しく警察から追求を受けて処罰されます。また、援交詐欺により多額な金銭を相手から搾取する行為も厳しく処罰されます。

また、国から認可を受けずに、売春斡旋をしたり人員を派遣する管理売春も厳しく処罰されます。このような業者は援デリと呼ばれており、出会い系サイトの掲示板で援助交際希望の女性を派遣する例も少なくない。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional