愛人出会い

メンヘラとの愛人援交

Top / メンヘラとの愛人援交


メンヘラとの愛人援交

援交掲示板には大勢のメンヘラ女性がいます。メンヘラ女性を愛人にした場合のリスクをお伝えします。私が体験したメンヘラ女性との愛人援交を告白します。

新宿のグランドハイアットのロビー。ハッピーメールの掲示板で知り合った女性の名前はカナ。27才、バツイチ、子供なし。カナは自分の容姿に非常に自信を持っており、ハッピーメールのプロフ画像にも3枚くらいの写真を公開していた。

カナと初回で会う条件は、交通費込みで面接料2万円。お互いに会話をして今後の出会いに繋がるかどうかを判断するためのものだった。

カナと私は会った瞬間に意気投合した。私も紳士的に振る舞い、次の出会いは一週間後、六本木にあるオススメの海鮮料理屋で二度目の出会いの約束をする。毎月希望する援助の内容も、非常に負担の少ない要求だったので、私はカナに好印象を抱いた。
「毎月10万円あれば助かります」こんなに美人なのに、高飛車な要求をすることはなかったからだ。

私は既婚者なので、カナと毎週出会うような援交時間はない。だから、毎月4~5回程度の出会いをすることで、お互いに暗黙の了解で愛人契約は成立しました。

私はカナと必要以上にのめり込んでしまいました。カナが住んでいる東京郊外の浦安市まで通い詰めるほどになったほどだ。一緒にディズニーランドやグアムなどにも行ったりした。カナとの時間は、大学生の頃に感じた、甘酸っぱい青春の香りを感じることができたからだ。

しかし、カナは非常にヤキモチ焼きだったのだ。私が家庭に戻る時はいつも不機嫌になっていた。この頃から、私はカナのエゴ的強さを微妙には感じていた。

カナと援交による愛人関係を築いてから約4ヶ月後。私たちの関係は激変していた。カナは私の行動をすべて管理しようとしてきた。いつ?どこで?誰と出会ったの?なぜ?そこまで追求するカナに恐怖や苛立ちを感じ始めた。明らかに常軌を逸していたからだ。

当初の約束は月5回程度の割り切った関係だったはずが、カナからの連絡は毎日来る。私の妻は非常に寛容な女性だったが、さすがに、疑念を抱くようにもなってきた。

ついに私は、カナと援交による愛人関係を精算する決断をした。これでは家庭が壊れてしまうことは決定的だったからだ。私はカナに手切れ金として100万円を提示した。

しかし、「カナは金なんていらない」と言って泣き出し始める。鬼のように発狂しては、自分の部屋にある家具を壊しはじめる。カナのメンヘラを引き出した理由は私にもあるかもしれない。

だが、27才の大人の女性の振る舞いとは、とてもじゃないが思えない。この時に、私のカナへの情愛は完全に消え去っていました。しかし、別れたくても別れならない泥沼に突入。

結局、弁護士に仲裁を頼んで、カナとの愛人関係は、妻にバレずに秘密裏に終了した。この時の私の精神的な疲労は仕事にも影響をもたらすほどでした。

メンヘラ女性と定期的な援交関係を築いてしまったら、当初の約束などは消し飛びます。そして、メンヘラ女性は深く交際するまでは発覚しないというのが難点でもある。

援交を希望する女性の中には、このようなメンヘラ女性が一定数います。極度の依存的な性質を心奥底で隠しているので、男性は十分に注意すべきです。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional